トヨタ・プリウス基礎知識

トヨタ・プリウス基礎知識

スポンサードリンク

1997年にトヨタがリリースした世界初の量産型ハイブリッドカー
ハイブリッドとは、従来型のガソリンエンジンと電気モーターの2つを搭載し、それぞれの長所・短所を補完しあいながら動力を供給する混血(ハイブリッド)エンジン(駆動システム)ということです。
たとえばガソリンエンジンで駆動している間には、そのエネルギーで電気モーター用の発電・充電を行います。
これは、減速時などでも同様。
そして、ガソリンエンジンの駆動力が必要のない時には電気モーターで動くという仕組みです。

トヨタプリウスがはじめて世に出たのは1995年の東京モーターショ-。
その2年後の1997年、いよいよ一般市場へ送り出されました。
当初の燃費は28.0km/l(10・15モード)と、ガソリン車としては画期的な燃費
しかし、その先進的な機能ゆえ、価格もとても高価な設定となり、それで購入に二の足を踏んだ人も少なくありません。
ちなみにメーカー希望小売価格は、2,257,500 ~ 2,488,500 円。
当時の1500CCレベルの車両ならば、たとえばカローラで150万円程度からありましたから、決して安いとは言えませんでした。

価格も時代も買いやすくなった新型プリウス

1997年の発売当時よりも格段に環境問題に関心が集まる2009年、
トヨタは新型プリウスを世に送り出しました。
エンジンは1800ccとパワーアップ
それでいて、38.0km/Lという低燃費も実現

「世界最高レベルの燃費性能と
    2.4L車レベルの動力性能を実現」

と、謳われています。
さらに、車体にも改良が加えられ、ラゲッジスペースも30リットル拡大
それでいて注目なのは価格です。
2,050,000円~(消費税抜き1,952,381円)という値段は、
アップした性能などと勘案して「割安感」すらあるほど。
ホンダ・インサイトなどの新興ライバルも存在するなかで、爆発的な人気をあつめています。

プリウスを安く買う方法は?

人気のある新車の値引き額はそれほど期待できないのが一般的です。
プリウスほどの人気車種になればなおさら。
中古車市場を見てみてもプリウスの相場は高値安定です。
それでは...
「プリウスを結果的に安く購入するマル秘テクニックはないのか?」
というと、そうではありません。
補助金やエコカー減税はもちろんですが、それに加え、さらにお得な方法があるのです。
正規ディーラーなどではけっして教えてくれないその方法とは...??
     ▼▼▼

トヨタ・プリウス、安く買うコツとは?


スポンサードリンク

2009年8月31日|

カテゴリー:トヨタ・プリウス基礎知識